ウィメンズクリニック グリーンヒル(women's clinic GREEN HILL)

メニュー

Medical Care
診療案内

“ どのようなことでもお気軽にご相談ください ”

クリニックにいらっしゃるときは、どなたでも戸惑いと不安をお感じになることと思います。
私たちは、患者様が安心してお越しいただけるように心掛けたいと思っています。また、どのようなことでも気になることは、院長以下スタッフにご相談ください。

 

産科

産科

●妊婦健診

妊娠23週(6ヶ月末)までは4週間毎に1回
妊娠24~35週(7・8・9ヶ月)は2週間に1回
妊娠36~39週(10ヶ月)は毎週1回
妊娠40週(10ヶ月)以降は出産まで毎週2回をめどに行います
※出血・腹痛・破水以外でも気になることがあれば、いつでもご連絡ください。

●妊婦健診のときに行う主な検査

問診、尿検査、血圧測定、体重測定、腹囲・子宮底計測、超音波検査
※オプション検査:貧血検査、血糖検査、糖負荷試験、子宮がん検診、クラミジア検査、HIV、他の感染症検査、NST検査、4D超音波検査

●4D超音波検査

医療機器の格段の進歩により、お母さんのおなかの中にいる赤ちゃんを立体的に観察することができるようになりました。赤ちゃんを身近に感じてください。おなかの中で赤ちゃんが微笑む姿や、おしゃぶりする姿を見せてあげることができれば、と思っています。
4D超音波には、赤ちゃんの向きによって検査が不可能な場合もあります。また検査には術者の技量と時間を要するため、この検査はオプションであり、別途費用が発生します。

 

婦人科

婦人科

●一般婦人科疾患

生理や出血のなやみ、おなかが痛い、オリモノが多い・かゆみがある、妊娠が心配である、避妊したい、おしっこが気になる、がんが心配、ブライダルチェックをしたい、等ご相談ください。

●手術

当院で行う手術は日帰りの小手術のみです。手術が必要な場合には、適切な施設を紹介します。

●婦人科がん検診

子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなどの健診はいつでも行います。
乳がん検診は当院では実施していません。マンモグラフィーのある施設をオススメします。

●更年期障害

のぼせ、ほてり、発汗、イライラなどの症状のある方には、症状に応じてホルモン補充療法や漢方薬投与などを行います。

 

不妊症外来

不妊症

“ 子供を希望するカップルの方へ ”

妊娠を希望しても、それがうまくいかない場合に、ご相談ください。子供ができない期間とか、お二人の年齢とか、お二人の希望をお聞かせください。クリニックでできることであれば、喜んで治療・検査させていただきます。残念ながら当院で不可能な場合、長期間不妊である場合、女性の年齢が35歳以上である場合には、専門の不妊施設の受診を推奨いたします。

●一般的な検査治療として

当院で現在可能であるのは、排卵の検査、ホルモンの検査、男性側の精子の検査、そして治療として内服の排卵誘発剤による治療、タイミング法など中心です。当院で3~6か月程度の検査治療をめどに、妊娠成立にいたらない場合には、専門医の受診をお勧めしています。

 

保険診療と自費診療

“ 保険診療と自費診療は同時に行えません ”

病気に対して行う診療は、保険の給付内(三割負担)で行います。一方、病気でない場合(つまり妊婦検診、分娩)、患者様の希望により行う検査や治療(子宮がん検診、性病の検査、ワクチン接種など)は自費(全額自己負担)となります。また交通事故後の診療も自費診療となります。これは保険診療のお約束事です。(混合診療の禁止)。また、当院では労災の申請も行っていません。

ここまでは通常の妊娠で、ここから先が病気である、という線引きは難しく、医師でさえも時に判断に迷います。となると料金明細を受け取る患者様も、きっとそれ以上に迷われることと思います。
料金内容・体系が分からない場合には、何でもお尋ねください。私にわかる範囲で説明いたします。

 

自費診療

“ ピルの活用 ”

低用量ピルの利点と欠点を理解していただいて、ピルを有効に使っていただけたら、と思っています。

●ピルのいいところ

・生理が順調になり、生理痛が楽になる。
生理前の不快な症状(PMS)から解放されることがあります。
子宮内膜症などの病気に有効なことがあること。
・スポーツ選手の場合、生理の時期を調整することも可能です。
・ピルを服用することで、望まない妊娠から身を守ることができます。
(妊娠したい時がくるまで、自分の体を傷つけずに守ること、これは大切なことだと思います)。

●ご理解いただきたいこと

・ピルを服用することで、服用しない場合に比べて若干の血栓症の発症頻度が増加します。
・35歳以上の女性でタバコを1日に15本以上吸っている人は、血栓症のリスクが増加し、服用できません
高血圧や血栓症などの病気の人には勧められません。
・薬剤代としてお金がかかります。
・いくつかの条件が重なる場合、100%の避妊効果は期待できません。

“ 緊急避妊 ”

緊急避妊とは、コンドームが破けた、勢いでHしてしまった、などの場合において、妊娠成立にいたらないように行う対処法です。

●緊急避妊用の薬剤の服用

避妊に失敗した時から72時間以内の服用が望ましいとされています。しかし、排卵前後の場合には、1.5%程度の割合で妊娠成立を阻止できない場合も存在します。

●金額

自費での処方となります。薬剤自体が高価な価格であるため、当院での緊急避妊の料金は、診療時間内であれば15,000円+消費税、診療時間外であれば30,000円+諸費税とさせていただきます。なお、当院では緊急避妊後にピルの服用も同時に推奨しますが、その費用も含まれての金額となります

“ ブライダルチェック ”

皆様の体調を知るために行う健康診断であり、自費の検査となります。

●基礎診察

まず対面でお話を聞かせていただき、次に診察となります。
血圧・体重測定・尿検査・内診・子宮がん検診・超音波検査・各種検査をおこないます。費用は、項目毎に設定されています。

●感染症検査

梅毒、淋病、クラミジア、カンジダ、トリコモナス、HIV、B/C型肝炎ウィルス、サイトメガロウィルス、トキソプラズマ、リンゴ病、風疹、麻疹、水痘、ヘルペスなどの検査が当院で可能です。各項目は500~2,000円くらいの費用となります(消費税別途)。

●子宮がん検診

熊本市在住の方であれば偶数になる年の年度に1,200円で、受講可能です。自費の検査だと費用はやや高額となります。

●オプション検査

血液型、貧血、糖負荷試験、染色体検査などが可能です。

●保険証をご持参ください

ブライダルチェックは基本的に自費検査ですが、何かが見つかって、保険扱いへ変更となる場合があります。そのため保険証をご持参いただくようお願い申し上げます。

“ クアトロテスト・臍帯血バンク ”

●クアトロテスト

クアトロテストの希望があれば当院で実施可能です。ただし、クアトロテストには適切な検査時期があり、また検査のできない時期もあります。希望されるかたは早めに連絡をください。

●臍帯血バンク

私的臍帯血バンクの利用を希望される場合、申し込み可能です。出産までに当院外来に申し出てください。

“ 腰痛・骨盤底筋群トレーニング ”

腰痛や骨盤底の筋群の弛緩による症状(子宮脱、尿漏れ(失禁)、脱肛など)などの改善のため、クリニックでトレーニングを行っております。

●腰痛

腰痛はヒトが二本足をはじめた時に生まれた、とされています。妊娠出産に伴う変化、日常生活とその習慣、ライフスタイルに伴う女性ホルモンの変動、などが原因として考えられます。妊娠中であっても、妊娠中でなくても、適切なストレッチ指導によりその軽減が可能です。

●骨盤底筋群の弛緩の予防

妊娠・分娩・産後の一連の過程により女性の体の底部を支える筋肉群(骨盤底筋群)は多少なりとも盈虚を蒙り、さらにその後の負荷をかける状態の繰り返しにより(多産・腹圧を続ける姿勢の維持)、生殖器の保持が保てなくなり、弛緩した状態となることがあります。子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤)。この骨盤底筋群をトレーニングにより改善維持し、子宮脱の防止、尿失禁、痔核(脱肛)の改善が期待されます。

●レッスンは火曜日

スタジオ フロー代表の宮本先生が毎週火曜日の午後2時30分から1時間の枠で当院実施です。なお、受講には事前予約が必要です。またお子様をお連れの場合には、キッズサービスも利用可能ですが、こちらも事前予約(前々日までに)が必要です。




このページのトップへ戻る